このブログは“北海道ラーメンガイド てく”(http://kiwame16.moo.jp/)の備忘録のようなものです
by sumika-z
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


平成19年度管理人実食おすすめ店

平成19年に管理人が食した中でのおすすめ店・注目店を列挙します。(なおサイト本編はまだ更新していません)


(平成19年1月~)12月2日現在・総実食数306杯

【必食指定店新規追加】
『eiji』(豊平区) 濃厚魚介豚骨麺
『しんがり』(南区) 醤油ラーメン
『麺処 平成』(北区) 醤油ラーメン


【その他推薦店】
『けらあん』(中央区) ラーメン横丁の新店。はりはりラーメンは味わったことのない表現しにくいラーメンだがなかなか旨い。
『とりらーめん専門店 鶏花』(中央区) 目立たない場所にある穴場店。鶏の旨さが実感できるという点では札幌で一押し。
『麺や 虎鉄』(北区) 色の濃い極太麺のつけめんが売りのニューウェーブ店。割りスープはポットに入っている。
『めだか』(中央区) 南28西10にあるボロい店。しかし味は本格派の札幌味噌ラーメン。いわゆるサッポロラーメンが好きな人はこの店は素通り不可。
『胡桃』(豊平区) 月寒東3条6丁目の非常に目立たない場所。しかし添加物控えめのしつこくない札幌味噌ラーメンが秀逸。個人的にかなりおすすめ。
『昇龍』(白石区) 新味噌ラーメン680円。札幌味噌の流れだがマイルドで印象良い。
『ぐれん』(東区) 伏古13条4丁目の新店。とんこつ醤油味がなかなか見所あり。
『えれのらーめん』(白石区) 新メニューのこってり味。といっても基本味に比べてのネーミングで濃さは控えめ。札幌で唯一の麺を含めかなりのレベルだが、下を向いたままの接客は×。
『みすゞ』(中央区) テレビ塔下。580円の昔風ラーメンが美味。麺はこの店は北海道熊さん、帯広の本店は保刈製麺に変えたとか。
『たけ蔵』(清田区) とにかく接客の良さが出色。人気停滞気味の正統派札幌味噌のおすすめ店。どことなく中華っぽい味もあると思ったが、実際に店主は中華の経験もあるらしい。
『山嵐』(豊平区) 豚スープの匠。場所は目立たないが最近はすっかり繁盛店になったか。前よりも旨くなった気がする。
『吉山商店』(東区) 前と味が変わったような。雑味を排除したマイルドな味噌ラーメンが好印象。
『あらとん』(中央区) 新メニューが度々登場。その全てが旨い。
『麺屋 雪風』(中央区) すすきのの塩ラーメンではやはりナンバーワンか。
『ちゃんぽん 一鶴』(中央区) 本格派ちゃんぽんが旨い。通常のラーメンも鶏中心の均整のとれた良い味。
『弟子屈 二十四軒店』(西区) 改良した魚介絞り醤油がハマる。西山麺は△。店長何度も代わりすぎだよいい加減固定したら、と言うと店長は今のカワムラさんでもう代えないとの返事。
『宝樹』(白石区) 基本のラーメンでも超巨大チャーシュー。櫻島・喜多楼と並ぶ札幌3大デカチャーシュー店か。
『名もないラーメン屋』(清田区) 旭川の同名店の支店。味も接客も水準以上。
『麺家番長』(中央区) 札幌初?の本格派徳島ラーメン。ご飯と一緒に食べるのが合いそう。
『麺処 まるは』(豊平区) つけめんの麺は東京の浅草開化楼製。こんな旨い東京系つけめんが札幌で食べられるとは驚き。ただしかなりしょっぱかったが。
『支那そば おうぎ屋』(東区) つけめんも素晴らしく旨い。東京でも十分通用するのでは。

『麺's ZERO』(苫小牧市) 『らーめん極』で修業した店主の超本格派濃厚ラーメン。
『大地の空』(旭川市) 火事で店舗消失から復活。彩り良い味噌ラーメンは味もどことなく上品なこくがある。
『NOBu』(旭川市) 『五条天金』時代の味を再現しているよう。豚が出た濃厚旭川ラーメンが旨い。
『喜一』(旭川市) 忠和にある大学の前にひっそりとある。丁寧に作られていることが伝わる上質な旭川ラーメン。
『三日月』(旭川市) 山頭火系そのままの印象だが非常に味わい深い。富良野の三日月食堂とは関係ないよう。
『十勝平原堂』(深川市) 至って普通の田舎町に燦然と輝く現代的なラーメン。醤油ラーメンは鮭節を使用した独特な味。塩も旨い。

『ブルートレイン』(函館市) 話題先行の店かと思っていたが違った。しっかりしたこくの非常に旨い本格派ラーメン。
『おやじ』(北見市) 旭川寄りのラーメンだが旭川ラーメンとはやや違う。店内満員にも納得できる旨さ。
『のぶりん』(遠軽町) 安国という小さな集落の駅前にある。鶏が出た塩ラーメンは丁寧に作られているようで好印象。味も上質。
『ウインズ-2』(大空町) 道の駅の横。店名は謎だがなかなか旨い塩ラーメン。
『柳苑』(釧路市) 一時期東京にも出店していた。本店はさして知名度が高いわけではないが、十分に旨かった。無添加の表記は怪しいが。私は東京でも食しているが味は別物。
『小麦の木』(帯広市) 以前市内で『北麺亭』というラーメン店を経営していた店主。北麺亭は北海道初と思われる、ラーメン店で麺にハルユタカを使用した店。
『来杏』(帯広市) 「波の華」「むらさき」という端正なあっさりスープのラーメンが二枚看板。見た目のとおりのなかなか良い味。
『こだま』(帯広市) 旭川寄りの帯広ラーメン? 熱々の醤油ラーメンの出来が良い。
『北京亭』(帯広市) 数年前から閉店の噂があったがまだやっていた。化調強めもこくのある豚骨醤油が非常に美味。平ざるでの「リズミカル湯切り」は必見!
[PR]
by sumika-z | 2007-12-03 00:00
<< 閉店情報(本編未更新分) 旭川『山頭火』本店が移転 >>